株式会社アイエスティー ロゴ

代表メッセージ

「安全・安心」で 地域と社会に貢献し
「際立つ企業」を目指します

代表取締役社長

高野 太

Futoshi Takano

「感謝」を心に刻み 「技術」と「品質」で 社会に貢献する

株式会社アイエスティーは、昭和49年の創業以来、「地域の安全・安心」に取り組んでまいりました。ひとえに、多くのお客様、取引先の皆様のおかげと、深く感謝いたします。
現在、市場の将来的な減少、技能者の高齢化、若手人材の不足など、業界を取り巻く環境は大きく変化しています。こうした状況の中、私たちは過去のやり方にとらわれず、建設産業の持続的発展に向けた取組みを考えなければなりません。
弊社が目指すのは、「技術」「品質」をより高めていくこと。そして、多様化する市場のニーズに対応し、地域に貢献してまいります。

地域社会の 「安全」「安心」を支える 専門会社の役割

ニュースなどで取り上げられているように、我が国では、高度経済成長期に集中的に構築されたインフラが老朽化。道路や橋梁、トンネルなど「社会インフラの老朽化対策」が喫緊の問題となっています。長寿命化に向けたインフラ維持管理の重要性は、ますます高まっていくことでしょう。
私たちが業務としている安全施設工事、橋梁補修及び構造物補修工事、事故修繕工事は、まさにこの問題を解決するものです。地域社会の「安全」と「安心」を支える専門会社には、持っている技術を現場で活用するだけでなく、業界全体の技術向上に寄与することが期待されていると感じています。
このニーズに応えるため、弊社では熊本県道路保全協会での技術力向上に取組んでいます。会員相互連携による技術発表会への参加や現場OJTの場の確保、外部講師による研修会の開催を通じ、社員はもちろん、業界全体で技術力を高め、安全な社会づくりに貢献してまいります。

「安全」「安心」を届ける スペシャリスト集団として 「際立つ企業」へ

私たちを取り巻くさまざまな社会環境の変化、多様化するニーズに応えるために、弊社ではなにをすべきか。これを考えたとき、地域の「安全」「安心」を支えるために重要なのは、「技術」と「品質」にこだわりつづけることとともに、社員一人ひとりが成長でき、高めあえる企業風土をつくることだと気づきました。お客さまとの確かな信頼関係を築くためには、自らが「安全」のスペシャリストであることを、社員が認識しなければなりません。自ら気づき、考え、動く社員を育てることを重視し、立場にかかわらず、個々の意見を大切にする風土を目指します。
また、地域に生きる企業としてのあり方を考え、地域活動への積極的な参加などのCSR活動にも取組みはじめました。事故が起こりにくい安全対策の提案や施工、地域行事や清掃活動への参加を通じて、より信頼される企業づくりに努めてまいります。
株式会社アイエスティーは、これまで培ってきた「技術」「品質」に「人財力」を加え、社会に貢献し続ける「際立つ企業」を目指します。皆さまのかわらぬご支援とご愛顧をよろしくお願い申しあげます。

3人
専務メッセージ 部長メッセージ